Incri|湘南 鵠沼海岸 江ノ島のボディボードスクール&アパレルカフェ
ボディボード 解説&講座
コースをお選びください
テクニック解説
ボディボードのテクニック解説

テイクオフ:
ボディボードでまず初めに波に乗るテクニックがテイクオフです。
ボディボードのフィンを使ってキックをして、波に乗る前にボディボードに推進力をつけます。
うねりが近づいてきて、波がボディボードを押し出してくれるタイミングを計り、波がボディボードを押し出したら、顔と目線を波の進行方向に向けて、ボディボードを波の斜面と角度をあわせると、ボディボードは走り出し、テイクオフします。

ターン:
ボディボードでテイクオフして波に乗ったら、まず波の進行方向に向けて、ボディボードをターンさせます。
ボディボードにかかる体重を、波の進行方向側に体重をかけ、顔と目線は更に先のターンをする場所を予測して、その次にターンをする場所へボディボードを向わせます。

ボトムターン:
ボディボードのどのテクニックの中でも一番重要なのがボトムターンです。
ボトムターンとは、テイクオフでボディボードが波の斜面を滑り出したスピードを、波の上から下まで使い、波の下部(ボトム)からすい上げる水の力を更に活かして、ボディボードのスピードを上げるテクニック。

ドルフィンスルー:
ボディボードをするのに、次々と来る波を越えて、沖へ出る為に、ボディボードを体重で沈めて波を越えるテクニックドルフィンスルーといいます。
ボディボードを体重移動でしっかり沈めて、水の中を深く潜れるように、ボディボードスクールで基礎などを学びましょう。

カットバック:
ボディボードを進行方向へターンしていき、波のパワーが弱い場所へ走り過ぎた場合、進行方向側へ体重をのせてターンしていたのを進行方向とは反対側の方向へ戻るように体重を移動させ、ボディボードが波と一緒に進みながら、まだ波が残っている、波のパワーが強い場所へ戻させるテクニックをカットバックといいます。
ボディボードを波のパワーがある場所へ戻ったら、もう一度進行方向側へ体重を移動させて波の進行方向へ乗り直せば、カットバック成功です。

トップターン:
テイクオフしてターンで得たスピードを、波の高い位置(トップ)から、
波の下の部分(ボトム)に向かって、ボディボードをターンさせる事をトップターンといいます。
波を下るスピードによって、ボディボードに更なるスピードが増すテクニックです。

スピン:
波の上を横反転でボディボードがまわるスピンには、波の進行方向側にまわるフォワードスピンと、波の進行方向から逆に戻る側へまわるリバーススピンがあります。
フォワードスピンはターンで得たスピードに、ボディボードを回転方向に引き込み、ボディボードに乗り込んで回転を始めさせ、顔と目線・体を波の進行方向へ向けます。その際に波とボディボードに引っかかりのないようにする為に足をクロスして水面から上げておきます。
波と一緒に進みながら、ボディボードの中心をキープして、回転する姿勢を保つとスピンができます。
リバーススピンは波の斜面をボディボードが下るスピードを利用して、進行方向とは逆方向にボディボードを回転させるのがリバーススピン。
ボディボードが波のパワーゾーンに戻るテクニックとしてリバーススピンを行います。

エルロロ:
波の力を利用して、ボディボードが空中を1回転するテクニックがエルロロ。
ボディボードの裏側(ボトム)を波に当てて、波の力の反発で、ボディボードが空中に飛ばされます。その際に体は、ボディボードと一体化になることです。

エアリアル:
エルロロ同様にボディボードのボトムを波の一番高い位置に当て、ボディボードが空中を飛び出したら、1回転(エルロロ)せずに、ボディボードを返すテクニック。
しっかりと波よりも前にボディボードを飛ばす技術が必要。
ボディボードと体を一体化させることがポイント。

ARS:
空中で1回転(エルロロ)の中に横回転軸のスピンを入れるボディボードの空中複合技。
エアリアルのような、ボディボードを波よりも前へ飛ばし、滞空時間の長いエアリアルロールの中にボディボードの横回転軸を入れる技術が必要。

 

チューブライディング:
波のパワーが強いボディボードポイントや巻き上げが強いボディボードポイントでは、波に空洞ができるチューブ波が現れます。
その波の空洞をボディボードでくぐり抜けるのがチューブライディング。

波とボディボードの速度、ターンの場所、空洞(チューブ)になる場所、をタイミング合わせてくぐり抜けるテクニックです。
アクセス
小田急線「鵠沼海岸駅」より徒歩10分
(海まで1分) 鵠沼橋交差点すぐそば
住所
〒251-0037 神奈川県藤沢市
鵠沼海岸2-17-21-2F
お問合せ先電話番号
0466-34-1212
お気軽にお電話下さい
お問合せ先E-Mail
営業時間
・平日10:00〜SUNSET
・土日祝日10:00〜SUNSET
定休日
■通常
・毎週木曜日
・第1、第3水曜日
 
■夏季(7月、8月)
・毎週木曜日のみ定休日
 
※定休日が祝日の場合
休まず営業しています。
(翌日が振替え休日になります)
取り扱いブランド